仙台白百合女子大学図書館
web アクセス 館内マップ お問合せ
Home 電子
 宮城県美術館
2019年7月13日(土) 〜 9月1日(日)  
わが愛憎の画家たち
◎ 前期 : 7月13日 〜 8月4日  ◎ 後期 : 8月6日 〜 9月1日
特別展
平福百穂展(ひらふくひゃくすい)

実相観入の道行き

 平福百穂(1877〜1933)は、秋田県角館出身の日本画家です。はじめ自然主義の日本画を研究する无声会(むせいかい)に参加し、その後は珊瑚会(さんごかい)や金鈴社(きんれいしゃ)で活動、文展・帝展でも高く評価されました。また新聞や雑誌の挿絵も数多く手がけ、人気を得ました。
 百穂は同時代の日本画家、洋画家、漫画家、さらにはアララギ派の歌人たちなどとも親しくし、そうした交友関係から制作活動の場を広げ、多彩な表現を展開して行きました。西洋画のデッサンや俳画、水墨、淡彩から濃彩の作品まで、常に研究と工夫を続けた百穂ですが、その基本にあったのはどこまでも写生、すなわち心に映った自然を写し取ろうとする実相観入(じっそうかんにゅう)の態度でした。
 本展では、東北ゆかりの画家平福百穂の画業を、過去最大の規模で一望します。

 
■ 開館時間 : 9:30〜17:00 (発券は16:30まで)
■ 休 館 日 : 毎週月曜日 (ただし7月15日、8月12日は開館)、7月16日、8月13日
 

 仙台市博物館
2019年07月12日(金) 〜 9月1日(日)  
仙台市博物館
 

◎ 前期展示 / 7月12日(金) 〜 8月4日(日)  ◎ 後期展示 / 8月6日(火) 〜 9月1日(日)

企画展
戦国の伊達氏 稙宗 (たねむね) から政宗
 群雄割拠した戦国時代の東北地方で、最終的に最大の大名となった伊達政宗。そのルーツは鎌倉時代にさかのぼります。
本展覧会では、伊達氏の初祖・朝宗(ともむね)から歴史を説き起こし、戦国時代の14世稙宗(たねむね)、15世晴宗(はるむね)、16世輝宗(てるむね)、そして17世政宗(まさむね)を中心に、政治・外交や合戦、信仰、文化などの多彩なテーマから、伊達氏がどのように東北の雄、さらには全国的な大名となったかをたどります。
戦国時代に躍動した伊達氏のすがたをぜひご覧ください。
 
■ 開館時間 : 9:00〜16:45 (入館は 16:15まで)
休 館 日 毎週月曜日 (ただし、7月15日、8月12日は開館)、7月16日(火)
 

 
 
□ 利用にあたって:入館する際、本学の学生証または身分証を受付に提示してください。
□ 期 間:2019年4月〜2020年3月末 (以後、継続予定)
□ 休館日:毎週月曜日 (ただし休日にあたる場合は開館し、原則として翌日が休館)